カジノ関連銘柄

投資家の兄弟達よ、ごきげんよう。カジノ関連銘柄にどうやら動きがある模様だ。
環太平洋経済連携協定(TPP)にて、与党などの賛成多数で承認案などを可決したと報道があったことによりカジノ関連銘柄に動向がありそうだ。
今一度、カジノ関連銘柄についておさらいしておこう。

las-vegas-1620961_960_720

環太平洋経済連携協定(TPP)

環太平洋経済連携協定とは関税を撤廃し、太平洋を囲む国々が人、モノ、カネの移動を自由化しようという貿易協定の事を言う。2006年にシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイの4カ国が参加して始まった協定だ。 現在は日本、米国や豪州などが参加を前提に交渉に入っている状態だ。

メリットとしては外国産の物や食品が関税がなくなるこのにより日本国内で安く手に入るこのになる。環太平洋経済連携協定はメリットばかりではない。例えば日本産のネギが100円で売られていて、アメリカ産のネギは50円で販売されている。こうなるとアメリカ産のネギが多く売れることになるだろう。そうなると日本産のネギの需要が少なくなってしまう。環太平洋経済連携協定はメリットばかりではない。このように国産品の売り上げが悪くなってしまうと言うデメリットも存在する。現在日本は環太平洋経済連携協定(TPP)の参加へ慎重になっている状態だ。

カジノ

カジノを知らない人は少ないと思う。カジノはラスベガスやマカオなどが世界中で有名だ。カジノの過去の売り上げとしてはラスベガスの売上げが5800億円、マカオの売上は2兆3500億円となっている。このようにカジノは国を代表する収入源となる可能性を秘めている。
日本でカジノが解禁されれば同等の経済効果が出ると予想される。この影響でカジノ関連銘柄の沸騰が期待できる。

環太平洋経済連携協定(TPP)とカジノ関係性

なぜ環太平洋経済連携協定(TPP)に参加するとなぜカジノが解禁になるのかわからない人もいるだろうから少し説明しよう。
TPPの対象となっているのは、関税の原則撤廃にとどまらず、貿易や投資、競争政策など、国と国との間で発生する様々な経済活動に関わる分野に及んでおり、現在21の分野で交渉が行われている状態だ。その21分野の中に、「越境サービス貿易」と称される分野があり、サービス分野の貿易に関してのルール作りが進められている。この越境サービス貿易が重要キーワードになってくるぞ。この越境サービス貿易の中にカジノが必然的に合法化になると言うルールが含まれている。日本のカジノに関しては昔から一部の国会議員達が解禁に向けて動いているとの噂がある。このことから日本が環太平洋経済連携協定(TPP)参加するとカジノ法案解禁が容易にできてしまうことになる。

カジノ関連銘柄の本命

日本が環太平洋経済連携協定(TPP)に参加するこのによりカジノ関連銘柄の沸騰が予想できる。数あるカジノ関連銘柄から俺が本命だと睨んでいるカジノ関連銘柄を紹介するぞ。

【6418】 日本金銭機械

日本金銭機械はアミューズメント施設向けの機器、貨幣処理機器の製造、販売などを行う企業だ。海外のカジノでも同社の製品が実用化されているということもあり、会社の規模と実績面から見てもカジノ関連銘柄の本命と言っていいだろう。

注目のカジノ関連銘柄

【3625】 テックファームホールディングス

テックファームホールディングスは企業向け業務システムのソフトウエア開発がを主に行う企業だ。カジノの決済システムだけでなく、ホール管理システムなどにも力を入れている模様だ。IoT向けシステムや自動車向けシステムなども開発しており、様々なテーマとも密接に関連している企業なのでカジノ関連銘柄として見逃せない。

【6428】 オーイズミ

オーイズミはパチスロ用のメダル貸機、補給回収システムなどを主に行なっている企業だ。スロットマシーンの実機も展開している。既存の機器にも搭載されている紙幣識別システム、ホールデータ管理システムなどがカジノにも応用できるだろうとカジノ関連銘柄として期待される。

【7991】 マミヤ・オーピー

マミヤ・オーピーは紙幣搬送システム、紙幣識別機などパチンコホール向け機器を製作販売している企業だ。カジノでも同様に紙幣識別機、搬送システムの需要は高く、マミヤ・オーピーのような中堅企業の製品が採用となれば業績への影響は大きいと思うぞ。カジノ関連銘柄の大穴と言っていいだろう。

【3625】 テックファーム

2013年にカジノ関連銘柄が最初に話題となった頃はまだテックファームはカジノ関連銘柄として注目はされていなかった。翌年2014年、再びカジノ関連銘柄が話題となった際に関連銘柄入りし、その時に株価4倍の急騰を見せたぞ。その後もカジノの話題が出る度に真っ先に強い動きを見せている企業だ。今回のカジノ関連銘柄にも確実に絡んでくると予想している。

環太平洋経済連携協定(TPP)にて、与党などの賛成多数で承認案などを可決したと報道があり、カジノ関連銘柄が急騰が期待されている。カジノの経済効果は世界中のカジノを見ても2兆円越えとかなりの経済効果がある。日本でもカジノが解禁された暁には同様の経済効果が期待できるぞ。このことからカジノ関連銘柄は日本にかなり影響が出てくる銘柄だ。今一度、カジノ関連銘柄を注目し直そう!

LINE@


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株王獅子丸の無料公式LINE@はもう登録したか?
ブログでは明かせない緊急の株式投資・仮想通貨情報に加え必見の裏情報も限定配信。完全無料の『LINE投資相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。俺と直接LINEで話そう。





相場の福の神こと藤本誠之の公式コンテンツ「勝ち株塾」では、安定して勝ち続けることができる投資法、資産10倍投資法など、藤本誠之から有利な投資法を直接教えてもらうことができる。投資顧問や予想会社とは違う新しい株式投資サロン、株式投資スクールだ。今すぐ見ることが出来る無料オンライン動画講座は必見だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です