オランダ総選挙関連銘柄 注目必須銘柄とは?

ごきげんよう、株王獅子丸だ。
2017年3月に、オランダで総選挙がある。これによって、オランダ周辺に会社を構えている銘柄などを中心に、株価変動することも予想される。そこで今回は、この時期だからこそ、注目しておきたいオランダ総選挙関連の銘柄を紹介しようと思う。

オランダ総選挙

rotterdam-1598418_960_720

今回のオランダ総選挙では、首相を決める大事な選挙となっている。では、なぜオランダ総選挙がここまで注目されているのか!?それは、2016年にイギリスで行われたEU離脱が関わっている。つまり、今回オランダの首相が変わることで、もしかしたらEUから離脱するのでは?と、かすかに噂されているのだ。

しかも、新しく立候補した極右の政党が思いのほか支持されているということもあり、もしかすると、現職の首相が破れてしまうのではないか?と注目を集めている。そのため、株価だけではなく為替にも影響を与えるだろう。

特に、ユーロについては激しく動くことも予想される。その結果、日経平均株価も多少は影響を受けるのではないかと、俺は推測している。

サイバー攻撃に警戒

waterway-107810_960_720

2016年のアメリカ大統領選の際には、ロシアからのサイバー攻撃が一時あったのではないかと言われていた。そのため、今回オランダについても、ロシアからのサイバー攻撃について警戒しているようだ。

2016年、アメリカの大統領がトランプ氏になったが、その際も為替や日経平均株価も相当動いた。特に、米ドルについては、トランプ氏に決まった瞬間こそ、1ドル101円台まで下がったが、その後118円台にまで上がった。

オランダはアメリカと比べ、国の規模は小さいにしろ、EU離脱でヨーロッパ諸国は、注目を浴びていることも間違いない。しかも、ユーロについてはEU離脱直前の金額付近に戻っている。

そのため、結果によってはユーロが再暴落する危険性もあり世界的に影響を与えることも考えられる。国としては不正がない選挙にしなければならないと、より一層使命感があるはずだ。

アメリカの動きでオランダ選挙は決まる!?

girls-739071_960_720

アメリカのトランプ大統領は、2017年1月中旬に大統領に就任する。その結果によって、オランダの投票は決まるのかもしれない。トランプ氏は、選挙前までは散々バッシングを受けてきたが、フタを開けてみると当選となった。

つまり、「異端児扱い」されていた大統領が、どこまで成果を見せるかもポイントとなるだろう。もし、トランプ氏で成功という空気が世界中に流れれば、新しい首相が誕生する可能性が高いかもしれないし、逆にトランプ氏の政策が民衆に支持されないならば、今までの首相のままにしようと思う人が増えるかもしれない。

ただ、一つ言えるのは結果は最後まで分からないということだ。思っていた方と違うというのは、選挙にはつきものだと頭に入れておく必要があるだろう。

注目のオランダ総選挙関連銘柄

注目しているオランダ総選挙関連銘柄を紹介しようと思う。参考にしていただけたらありがたい。

【8022】ミズノ

「ミズノ」といえば、スポーツ用品を販売しているが、オランダにも実は支店を持っている。そのため、選挙の結果によっては、外国の会社によって関税をかけだすなど、政策転換を行う可能性もあるため、オランダ総選挙関連銘柄として注目しておきたい。

【6639】コンテック

「コンテック」はパソコンなどの電子機器を主に販売している。さらに、システムの構築なども行っており、オランダにも営業所がある。今回の結果で、為替差損益や売上増減額がどちらに転がるのかが見物だ。オランダから会社がなくらないことを祈るばかりだ。

【8411】みずほフィナンシャルグループ

オランダにも支店を持っているのが「みずほフィナンシャルグループ」だ。私もここの株は大好きでお世話になった時期もある。というのも、1株当たりの単価も安く、しかも100株単位で購入可能のため助かる。しかも、受取配当率もそこそこ高いため大注目のオランダ総選挙関連銘柄だ。

【8316】三井住友ファイナンシャルグループ

「三井住友ファイナンシャルグループ」も、オランダに支店を持っている。三井関連のグループ企業がたくさんオランダにできれば、三井住友銀行としての取引も増えるため業績も上がるだろう。ただ、逆のパターンになったときは、相当怖いと思う。

【7203】トヨタ

オランダに関係会社を持っているのが「トヨタ」だ。金融事業を管理する部門があるため、オランダの金融政策が変わることによって、大きく影響を受けるだろう。良いように出るか悪いように出るかは、首相次第というところかもしれない。

【9201】日本航空

オランダ選挙で首相が変わると、興味本位で観光しに行く人も増えるのではないかと予想している。特に、JALのツアーパックがたくさん売れると予想されるため、業績アップに少しは影響するのでは?と思いオランダ総選挙関連銘柄としておすすめした。

【9603】エイチアイエス

旅行会社の「エイチアイエス」も、オランダ関連の旅行パックの販売増につながればと思っている。しかも、ハウステンボスも所有しているため、この選挙がきっかけでお客が増える可能性もある。上手く便乗できれば最高だ。

まとめ

windmill-384622_960_720

オランダ総選挙では、まだ最後まで何が起こるか分からない。ただ、可能性が高いのは、首相が変わることで何かしらの形で、日本にも影響が出るということだ。そうなったときに、迅速に対応する人が、投資家で成功する人だと俺は思っている。ぜひオランダ総選挙関連銘柄を注目してもらいたい。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへをクリックして【急騰仮想通貨情報&最強ICO情報】の入手権利をGET!!

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回のクリック応援を!


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。



▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です