インフルエンザ関連銘柄

  • 2,427,647 人のブログ訪問に感謝!

ごきげんよう、株王獅子丸だ。インフルエンザの流行シーズンに入ったと全国で続々と発表がされている。今年は去年に比べ1ヶ月以上も早く発表されている。2016年は何かがおかしいと感じている人も多いのではないだろうか?先日では、関東地方で積雪を観測し、11月としては観測史上初というのも驚きだったであろう。動向はもちろんの事、異常気象の影響を受けての変則的な流行によるインフルエンザ関連銘柄の急騰も大いに考えられるぞ。

インフルエンザ関連銘柄とは

インフルエンザとは?

snow-1820036_1280

インフルエンザウイルスにより喉や肺や気管支で感染し増殖する病気である。発症者は9歳までの小児が約半数を占めるのに対し、死亡者は65歳以上の高齢者が大部分を占めている。又、心臓や呼吸器などに基礎疾患がある人にとっても死亡することもある恐ろしい病気である。通常の風邪に比べ、高熱が出るのが特徴であり、それ以外にも頭痛、関節痛、筋肉痛など全身に症状が強く出る。

名前の由来

14~16世紀のイタリアの占星家たちにより、周期的に流行が現れることや、寒さの影響、星の影響を意味する言葉として使われていた「influenza」に由来するといわれている。日本では、「インフルエンザ」だがイタリア語での読みは「インフルエンツァ」である。

風邪とインフルエンザの違い

1番の違いは死亡率である。通常の風邪であれば死亡者はあまり出ないが、インフルエンザの場合は上記でも記載した通り、65歳以上の高齢者での死亡率がかなり高くなるという点でも大きな違いが見られる。

風邪は、くしゃみや喉の痛み、鼻水、鼻づまり、咳、痰などの呼吸器系の症状と発熱、頭痛、食欲不振などの全身症状、嘔吐や下痢などの消化器系の症状の組み合わせで定義されているが、インフルエンザは風邪の症状に加え高熱、頭痛、腰痛などの全身症状が強いものになる。

インフルエンザは、11~12月頃に流行が始まり、年明けくらいから3月までがピークである。

インフルエンザの種類

インフルエンザウイルスは、大きく分けて、A型、B型、C型の3つに分類される。

~A型インフルエンザ~

a-1015528_1280

インフルエンザの代表格である。症状は、インフルエンザ特有の高熱が発生し、強い関節の痛みや筋肉痛も重なり想像するだけで辛いだろう。

潜伏期間は1~2日と言われており、感染した8時間後にはウイルスの数は100個程度だが、24時間後には100万個まで増長する。この段階でインフルエンザの症状が出始める。

~B型インフルエンザ~

b-1015529_1280

A型と違い、人間にしか感染しないことが特徴である。そのためそれほど流行はしないと考えられている。下痢などの消化器系に影響を与える。

風邪に症状が似ている事から、インフルエンザと気付かないケースが多い。

~C型インフルエンザ~

c-1015531_1280

症状としては5歳以下の小児への感染が目立つことと、鼻水が異常に出るという点。B型以上に風邪と思ってしまうだろう。面白いことに一度感染すると免疫が長期間に渡り持続するので、1度感染すると2度目も感染することは稀だという。

過去の流行事例

1918年のスペイン風邪(H1N1)
世界人口の50%が感染し、日本でも感染が流行し38万人が死亡したと記録されている。

1957年のアジア風邪(H2N2)
世界で100万人以上が死亡した。

1968年のホンコン風邪(H3N2)
現在の季節性インフルエンザの原因ともなっている。

1977年のソ連風邪(H1N1)
ソ連と付いているが、発祥地は中国と言われており、スペイン風邪と同一タイプだったため免疫を持っていない若者に被害が多かった。

など大流行すると世界規模での死者が出る点では恐ろしいことがよく分かる。

インフルエンザワクチン

予防接種は感染防止と、症状の悪化を防止する効果が期待できるが、必ずしも感染を予防できるわけではない。免疫がなく発症しやすい小児や、感染すると死亡率が1番高い高齢者は積極的に予防接種することをおすすめする。

毎年流行する型を予測し、その予測に基づいてワクチンを作成するが予測が外れると効果が出ないことがある上に、ウイルスも少しずつ形を変えるという。

イングランド公衆衛生庁などの研究班が2015年~2016年に流行したインフルエンザ予防接種の統計が報告された。この年にイギリスではA型とB型が流行したが、予防接種に使われた注射はB型には対応していないものとなり、B型のウイルスが流行してしまったとの事だ。しかし、ワクチンが外れても効果はあるということが研究でも報告されている。

インフルエンザ関連銘柄では、このワクチンに関連した銘柄の動向がより一層大きくなってきているのも注目だ。

インフルレポート

順天堂大学が開発した日本初のインフルエンザ研究アプリケーションだ。利用者からの情報の元に保健所より早く独自に流行状況が分かるという仕組みだ。今後アプリケーションの発達でインフルエンザ関連銘柄にどんどん絡んでくると俺は予想しているぞ。

インフルエンザ関連銘柄

【3107】ダイワボウホールディングス

マスクなどを手がけており、11月には通期計画の93億円に対する進捗率は5年平均の35.5%を上回る46.9%に達した事からも、インフルエンザ関連銘柄の中でも注目すべき銘柄と言えるだろう。

【4574】大幸薬品

ラッパのマークの胃腸薬「正露丸」でおなじみの大幸薬品だが、主力の医薬品事業は減収減益になったが、インフルエンザの流行に備える店頭販売が好調により巻き返しが期待される。6月には家庭用殺虫剤大手のアース製薬【4985】との資本業務提携に関する資本業務提携契約の締結を行うと発表した。又、ウイルス除去効果が一定期間保たれる技術を活用した除菌製品「クレベリン」では、インフルエンザ関連銘柄とは違う方面からも、期待できるぞ。

【4061】デンカ

土木・建築用材料や医療用検査薬など様々な領域で事業を行う化学会社である。インフルエンザワクチンで増益をしており、経営計画「Denka100」により新規ワクチンだけでなく、ガン治療薬など大きく変わり始めており、インフルエンザ関連銘柄として、今後目を離せない存在になりそうだ。

【4508】田辺三菱製薬

カナダのベンチャー企業を買収し、タバコの葉を使ってワクチンを作る研究を始め、2018年~19年に実用化する。北米では2020年にも実用化を目指している。インフルエンザ関連銘柄として、注目しておくべき銘柄と考えられる。

インフルエンザ関連銘柄まとめ

morning-1369446_1280

来年の1~3月がピークと言われているインフルエンザだが、今年は始まりが1ヶ月早い分、時期の見極めが重要となってくるだろう。学級閉鎖に関しても昨年の19倍の多さというデータも出ている事から、随時チェックする必要がありそうだ。又、インフルエンザワクチン以外にも、スマートフォンの普及によりインフルエンザ対策のアプリなど、様々な方面からインフルエンザ関連銘柄の情報を要チェックだ。

LINE@

ブログランキング1位の継続を目指している。
軟弱な質の低い仮想通貨ブロガーを根こそぎ倒し、タフな俺達の”力”を見せつけてやろう。毎日1回のクリック応援を頼む。

人気ブログランキングへを毎日1回クリック応援を頼む。ランキング1位を継続したい。

にほんブログ村 仮想通貨を毎日1回クリック応援を頼む。


株王獅子丸の無料公式LINE@ではブログでは明かせない緊急の仮想通貨情報に加え必見のICOも限定配信している。情報アンテナを常に立たせている投資家の兄弟たちには是非とも友達追加して頂きたい。完全無料の『LINE仮想通貨相談』ではあなたの質問に個別で答えていくぞ。


あなたは仮想通貨の取引口座はもう持っているだろうか?
もしまだ持っていないのだとしたら、本当に今すぐに無料で口座開設だけでもしておいたほうが良い。2017年だけでもほとんどのコインが2倍以上は当たり前、10倍、100倍のコインも続々と出てきており、今からでも急騰に乗ることができるコインがまだまだ数多くあり、この流れに乗り遅れないためにも、今すぐ無料の口座開設をしておくべきだ。今、仮想通貨が儲かる時だ。


▼必ず開設しておくべき取引所10選!!▼
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で









▼株式投資情報なら投資顧問!!▼

株エヴァンジェリストは向後はるみを助言者に迎え急騰候補銘柄を無料で配信している投資顧問だ。向後はるみは「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画で毎月5名の株プロが3銘柄を推奨する株-1グランプリグランドチャンピオン大会優勝経験もある。まさに今最も勢いのある女性株プロと言えるぞ。今ならもれなく取組期間およそ1ヵ月前後で、複数のテーマ性を持った有望株を紹介してもらえる。まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。【急騰候補銘柄】を無料で今すぐ入手!

グラーツ投資顧問は株式会社IIRが運営する関東財務局長(金商)第2396号の投資顧問サイト。2年の営業を経て、この度グラーツ投資顧問としてリニューアルし一新している。コンテンツの中には「必見!!グラーツ無料銘柄」と称した無料推奨銘柄が入手することができるので、とりあえず見ておくとよいだろう。サイトを見ればわかると思うが、タレントの錦野旦氏が大きく起用されており、グラーツがこのリニューアルに注力しているのは一目瞭然。これまでの営業でも無料銘柄の実績はしっかりと数字で出ており、このタイミングで情報を得るのが一番の得策だと思われる。俺の今イチオシの投資顧問だ。こちらのページから今すぐ【無料推奨銘柄】を手にいれることができるぞ。

20年以上の実績から数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれた相場界のレジェンド・前池英樹氏が所属している投資顧問だ。過去の実績も確かなもので、2016年5月の「マザーズ指数ダブルトップ大天井形成」など、数多くの的中を輩出し続けている今最も注目されている人物だ。そんな前池英樹氏が大化け候補銘柄を今なら無料で紹介してくれるとあり、メールアドレスを登録するだけで無料で大化け候補銘柄が手に入る。今すぐ登録をお勧めしたい。コチラのページからすぐに【大化け候補銘柄】を入手することができるぞ。

相場の福の神「藤本誠之」のラジオスポンサーも務めることで話題沸騰中のFIP投資顧問 株プロフェット!急騰銘柄を頻繁に言い当てている藤本誠之氏との関係性が強そうな印象もあり、まさに一見の価値アリと言えるだろう。無料メールアドレス入力で急騰候補3銘柄を今すぐに入手することができるので、まだチェックしていない方は早いうちに把握しておくとよいだろう。相場の福の神 藤本誠之氏のファンの方にも嬉しい藤本氏のコラムや相場対談も無料で読める。まずはコチラのページから無料で【急騰候補3銘柄】を入手しておこう。

テーマ株に定評がある推奨銘柄で人気のトリプルエー投資顧問!人工知能関連銘柄やドローン関連銘柄、フィンテック関連銘柄などに強く、AR/VR関連銘柄などの新たな最新テーマ株の情報も早い。無料メールアドレス登録で今から利益を狙える【国策銘柄】【短期銘柄】【割安新興株】を題材とした3銘柄をスグにタダ聞きできるので、良い銘柄情報を探している方は聞いておくとよいだろう。相場のテーマに乗り遅れないようにズドンとブチ上がる急騰銘柄に期待したい。今すぐ使える【必見3銘柄】を無料で入手しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です