インバウンド関連銘柄 期待出来る銘柄紹介

ここ数年で、インバウンドの業界も活発化している。特に、近年では、中国人を中心とした「爆買い」も話題になった。そこで、今回は、インバウンドに関連する銘柄について紹介していく。まだまだ可能性があるため、しっかりインバウンド関連銘柄を見てもらいたい。

インバウンド

plane-50893_960_720 (1)

「インバウンド」という言葉を耳にすることが多い人もいるだろう。私も初めは何のことか分からなかった。ちなみに意味は、外国人が別の国へ旅行することだ。例えば、日本への旅行者であれば、国外から来た人のことを指す。

日本では、ここ数年でインバウンドの観光客は上昇傾向だ。特に、中国からの観光客については、とんでもなく増加した。現在では、爆買いも少なくなったと言われているが、2020年に東京オリンピックもある。

そのため、あと2~3年は期待できるのではないかと個人的には思っている。ただ、外国人が来すぎることで、その国にあった文化が崩落する危険性もある。さらに、マナーの違いにより、ゴミのポイ捨てが増え、景観を失う場合もあるため、そうならないための対策も必要だろう。

インバウンドは日本各地で増えている

travel-1749508_960_720

インバウンドと言えば、東京や大阪、札幌、福岡と割と大きな都市へ観光するイメージがあるだろう。しかし、最近では、規模が小さな都市へもやって来ている。それのきっかけが、LCCの発達だ。

航空会社の「春秋航空」では、中国-佐賀便の飛行機があるぐらいだ。佐賀と言えば、馴染みがない人も多い。しかし、佐賀県は福岡県の隣にあるため、利用者も増えているとのこと。現状では福岡へ観光する人が多いが、佐賀県内で観光する人も、徐々に増えている。

例えば、佐賀県の「呼子」という場所だと、イカが名物だ。これを食べに、中国人観光客もやって来るため、接客に苦労している店舗もある。今後も、LCCは、更に運航範囲を広げていくことが予想される。大都市付近にある空港では、滑走路が足りないと悲鳴を上げているが、地方の空港では、余裕があるため、海外便を増やすのもアリだと思う。

インバウンドについてのセミナーも開催

chile-1463830_960_720

東京や大阪などでは、インバウンドについてのセミナーは開催されている。しかし、今回ピックアップするのは島根県の「隠岐」だ。この場所は離島だ。近年では、こういう場所であっても、外国人観光客が徐々に増えている。

ここでは、実際に外国人が観光しに来たとき、どういう対応をしたか?あるいは、実際にロールプレイングを交え、外国人への接し方を学ぶ機会もある。しかも、2015年から年1回開催されており、好評のようだ。

さらに、参加料は無料ということもあり、参加する側からしても助かる。今後は、日本のどういう場所へ行っても、外国人が居るという状況になるかもしれない。さらに、日本を気に入る外国人が増えれば、移住者も増えるだろう。

注目のインバウンド関連銘柄

俺が注目しているインバウンド関連銘柄を紹介するぞ!しっかり頭の中に入れてもらいたい。

【4755】楽天

「楽天」は、世界中にある超巨大会社だ。旅行の予約から、買い物まで幅広く行うことができる。しかも、現在では野球チームも持っているため、安定している企業だと言っても良いだろう。今後もインバウンド向けに需要があるはず。

【9020】東日本旅客鉄道

東日本旅客鉄道とは「JR東日本」のことだ。この会社の強みは、首都圏を中心に鉄道を走らせていることだ。山手線をはじめ、中央線、京浜東北線と、移動時に海外の人も使うだろう。しかも、東北には新幹線も走らせているため、今後も期待したいところだ。

【9142】九州旅客鉄道

2016年に上場した会社がJR九州こと「九州旅客鉄道」だ。これは、九州全体に鉄道を走らせている。鉄道路線は、正直赤字のところばかりだが、不動産開発において、とても力を入れているのだ。2015年については、福岡市の人口伸び率が、東京23区を抜き1位ということもあり、今後も発展することが予想され、九州全体に良い影響を与えてくれるのでは。

【9009】京成電鉄

京成電鉄は、あまり馴染みがないかもしれない。これは、成田空港から上野や押上を結ぶ電車を運行している。さらに、成田空港から東京までは、京成バスを走らせているため、インバウンドによる効果があると言えるだろう。

【9706】日本空港ビルデング

「日本空港ビルデング」とは、羽田空港を管理している会社だ。そのため、羽田空港を利用する旅行者が増えるほど、活気づくと言っても良いだろう。ただ、羽田空港には成田空港と比べLCCの本数が少ないため、今後どうなるかがカギになるだろう。

【7532】ドン・キホーテ

外国人観光客に人気があるのが「ドン・キホーテ」。化粧品から、日用雑貨、食料品まで幅広く販売してある「ディスカウントストア」だ。しかも、高知、徳島を除いた45都道府県にあるため、色々な場所で恩恵を受けるだろう(2017年1月現在)。

【9201】日本航空

最後に忘れてはならないのがJALこと「日本航空」だ。海外便だけではなく、国内便も多い。そのため、日本へ到着後の乗り換え便として使われる可能性は高い。ただ、LCCが色々な路線を作っていくにつれ、不利になる可能性があるため、日本航空も価格破壊が必要かもしれない。

まとめ

malaysia-911580_960_720

日本の評判が外国人から見て良いと思える以上、インバウンドの需要もなくならないだろう。ただ、勝負は、東京オリンピック終了後だ。世界各地でオリンピックが行われたが、終了後、経済が衰退した国も多い。そうなったら、インバウンド関連銘柄は危ないかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免責事項

※免責事項
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に分析した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
仮想通貨取引及び株式投資は最終的な自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。又、当ブログでは株式及び仮想通貨・ICOトークンの代理購入は一切行なっておりません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です